こんにちはカミヤです。


今回は「準備」について再度書いていきます。

試験勉強が「習慣化」して来たら徐々にアイテムを増やしていきましょう。


次に投入するアイテムは...

「ふせん紙」です!!(いばっていうほどのものではないですが非常に便利です。)


さあ今日も勉強だ!!とおもった始めたとき

こんな経験はありませんか?

「あれ?昨日どこまでやったかな...」

これではせっかく勉強を始めようと思ったのに開始までに

数秒から数十秒かかってしまいます。


私が推奨してるのは、
始めるときはコンマ何秒かで開始する勉強方法ですから非常にもったいないです。

そこで登場するのは「ふせん紙」です!!(100均のもので十分です。)

例えば...

法令の15番が終わったところで...今日はこの辺で終わりにしようとします。

そしたら16番にふせん紙をペタッとはっておきます。


そうです。たいした行動ではありませんが、
勉強を終わらせるときに、次回の「段取り」をしておくということです。

段取り八分の仕事二分という言葉があるくらいですから重要です。(個人的には何事も段取り9.5分だと思ってます)


これが当たり前の行動になるように「習慣化」させてください。
「習慣化」については後日書きたいと思います。


それではまた次回!