こんにちはカミヤです。

久しぶりに書きます
今回の「最強過去問pick out」は...
2種 2007年度 管理技術Ⅰ 問23 から...

「蛍光ガラス線量計に関する次の記述のうち正しいものは?」

A:光輝尽性発光を利用している。
B:フェーデングが小さい
C:一度測定した値を再度読むことができる
D:略


という問題...

Aについて
答えは×

光輝尽性発光を利用しているのはOSL線量計です。
蛍光ガラス線量計はラジオフォトルミネセンスを利用しています。

Bは〇です。
ほとんどフェーディングを無視できます。

Cが〇
この線量計の特徴の一つですよね。
再度読み取りが可能です。


特にAのようなも×の問題は
マジカルバナナの要領で(マジカルバナナがわからない若い人は調べてみてください)


OSL線量計と言ったら♪ 光輝尽性発光♪
蛍光ガラス線量計と言ったら♪ ラジオフォトルミネセンス

といったように

2つ同時に覚えてしまいましょうね!!



それではまた次回!